巻き爪 手術 痛い 痛み

巻き爪手術は痛いの?痛みのない手術はないの?

巻き爪の手術を受ける際に一番恐怖を感じるのは痛みに関することだと思います。

 

手術の体験者が痛みを感じたというのは局所麻酔の注射に関することで、術後の痛みというよりもまず最初の麻酔注射に関する痛みの意見が比較的多く見受けられるようですね。

 

注射は該当する指の根元に刺すことになりますが、足が反射的に動いてしまうと注射中は非常に危険なため、看護師が足を患者の押さえて固定するのが一般的で、その行為自体が絵的にも恐怖心を煽ってしまいますよね。

 

 

麻酔注射は針を刺すものですので無論、無痛というわけにはいきませんが、部屋に悲鳴が響き渡るほどの痛みを想像してしまう人もいるので、そこは少々落ち着いて受け止めたほうが良さそうです。

 

最近の注射針は非常に細くなっていますし、歯科治療の麻酔注射ももちろん痛いですが、虫歯や化膿の痛みに比べたらぜんぜん比べ物にならないくらい軽度なものとも考えられます。

 

同様に、一生、巻き爪の激痛に耐えながら何十年も生活することの重さを考えれば、手術は痛いうちに入らないという人もたくさんいます。

 

一瞬の痛みを我慢すればその後の人生から痛みを消すことが出来ると思えば、本来の手術の意味と希望が見えてくるのではないでしょうか。

 

 

「痛いものだ」という先入観が非常に強いと感覚が増強されてしまうこともありますので、ある程度は覚悟するとしても必要以上に不安を抱えないようにしましょう。

 

麻酔注射のチクっとした痛みと、麻酔液の注入時の圧迫痛さえ過ぎれば後は手術自体30分程度で終了してしまいますし、翌日には入浴も可能なくらいですから、是非勇気をもって手術に望んで下さい。

巻き爪の総合情報

<スポンサードリンク>

巻き爪手術は痛いの?痛みのない手術はないの?関連ページ

コットンをはさむと痛み軽減!
女性のほとんど方が必需品として持っているコットンで巻き爪治療を自分で行うことができますがあくまで応急処置です。爪が皮膚に食い込む前に爪と皮膚の間に入れる事でクッションになり痛みが軽減さえます。
やすりで削ると上手くいくの?
巻き爪は爪の角が皮膚に突き刺さってしまうために歩くたび激痛がはしるのですが、自分でやすりを使って爪の角を削っていくと食い込まずに爪を伸ばすことが出来るので爪を矯正するための治療もスムーズに行えます。
巻き爪治療は保険適用なの?
激痛を伴う巻き爪治療で用いられる事が多いフェノール法というメスを使わず薬品で爪母から巻き爪の原因を無くす治療は保険が適用されますが、爪自体を矯正して平にする方法は保険適用外の治療方法です。
治療に必要な期間は?
巻き爪治療の期間は個人差があり、フェノール法の場合は一度の受診で治療できる根治治療です。しかしワイヤーを用いた方法や尾郷法などは数週間から6ヶ月ほどかかってしまうため巻き爪の程度を見て選びましょう。
テープで治すことは出来る?
自分で巻き爪治療をするには「巻爪リフトシール」というテープを貼る巻き爪矯正グッズが販売されており手軽に試せることから購入される方も多いようですが、爪が思うように持ち上がらずに口コミも賛否両論です。
薬局で購入できるグッズって?
巻き爪を自分で治療するために薬局で巻き爪治療グッズを購入される方も増えています。そのようなグッズは巻き爪を根治するためのものではなく、巻き爪を平な爪に矯正するために使われるものがほとんどです。
巻き爪治療に掛かる金額って?
巻き爪治療のためにかかる金額は最低でも1万円程度は必要です。しかし、その後の経過観察のために受診が必要な場合や保険外治療や手術の場合などもありますから10万円程度は見積りしておくと良いでしょう。
テーピングで治療できる?
巻き爪治療をテーピングを施し爪母組織を正常な状態に戻し、本来の爪の生え方に戻す方法があります。これは従来の爪を矯正して平にするものとは違い血液循環を改善することで組織を戻す医療行為です。
小指の巻き爪治療は多い?
小指も巻き爪が発症しやすい場所の一つと言われ、特にハイヒールなどを履く女性に多い巻き爪の一つです。小指の巻き爪治療を行うには骨盤矯正を行う治療院などで小指に必要以上の体重がかからないように施術します。
巻き爪治療に消毒は必要なの?
巻き爪治療のために訪れた病院で必ず施される消毒は、巻き爪によって皮膚に突き刺さってしまった傷から炎症や化膿することから防ぐため必ず必要です。病院によっては消毒だけで経過観察をするところもあります。
巻き爪の手術費用の金額は?
巻き爪治療のために行う手術費用はフェノール法の場合は保険適用なので一箇所6000円程度ですが、その後の経過観察のための受診料を含めると2万円程度、ワイヤーで爪を平たくする手術は10万円程度かかります。
手術は保険適用で安くなる?!
巻き爪手術であるフェノール法は保険適用手術なので3割負担になりますから、一箇所あたり約2万円程度で治療することができますが、手術の種類によっては保険外治療もありますので医師としっかり相談をしましょう。